読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tower and Rainbow

Today's ordinary will be someday's extraordinary.

キャロルと私の3年間 - 大学のインターナショナルオフィスにSSN情報を更新しに行って来ました

結婚してソーシャルセキュリティーの名前を変更しました。
1ヶ月前に新しいSSNカードが届いていたのに、すっかり学校に情報更新するのを忘れていたので、今日は通っていた大学のインターナショナルオフィスに行ってきました。
(アメリカに来てからずっと私のイミグレーションの記録をとってくれているので、卒業した今でも連絡を取って、情報を更新してもらっています。)

昨日スキャンしたSSNカードを担当してもらっているキャロルにメール送って、それでオッケー!のはずだったんだけれど、ポリシーの変更で私が直接提出しに行かないといけないということで直接学校へ行きました。(トレントに送ってもらいました。ありがとー!)

名前を変更した新しいSSNカードを提出して、名前変更届を書いて提出。テキサス州のIDも1ヶ月前名前を変えるタイミングで取得したのでそのカードも提出。8月に届いた新しいEADカードもこのタイミグで全部一緒にファイルしておこうということでEADカードももう一度提出。

今パスポートの名前も別名併記をするための手続き中だと伝えましたがパスポートは新しいのが来ても提出しないで大丈夫とのこと。次の更新はグリーンカードを取得した時。ということになりました。

インターナショナルオフィス。ここに来るといつも初めて来た時のことを思い出します。
ちょうど2013年の今頃。3年前の私はこの大学に入るためにインターナショナルオフィスを訪ねました。当時全然英語が話せなくて、キャロルが何言ってるのか、ポイントだけは聞き取れるけれど細かいところが全然聞き取れなくて、全部2回ずつ説明してもらってようやく何となく理解できたかなというレベルだった私。そんな私にキャロルは嫌な顔ひとつせずに対応してくれたこと、忘れません。ビザのこと、学費のこと、私のこの英語力で大学でやっていけるのか、など、今思えば人生で一番不安を抱えていた時期にキャロルと出会えたことで、1つずつクリアしていくことができました。

入学前後、入学してから、2年目CPTを始める時、卒業を控えてOPTに申し込む時、OPTをはじめた時、そして今日。毎回このインターナショナルオフィスの事務所に来てキャロルと会うたびに自分の英語力が向上していることを実感できることは本当に私の励みになります。もう今日なんて、キャロルが言ってること全部普通に分かるし、全然普通のスピードでお互い会話するし。

インターナショナルオフィスを後にし、車に戻った私に「どうだった?」と聞くトレント。3年前はトレントとも出会っておらず、毎回一人でインターナショナルオフィスに来ていたことも思ったりして、感慨深さMAXに達した私は、半涙目でこの一連の3年間をトレントに語ったのでした。

全てが感慨深いです。素晴らしい一日になりました。ありがとうございます。以上です。